リボ払いでのキャッシングを利用したことで生活苦をなんとか乗り切った

私が最初に持ったクレジットカードはキャッシングの返済方法が一括しかありませんでした。

 

しかし、二枚目として持ったセゾンカードはリボでの返済が可能で、
今でもかなり便利に使っています。

 

ただ、リボ払いでキャッシングを利用することは一長一短あると思います。

 

まず、長所ですがとにかく返済が楽です。
私がカードでよくキャッシングをしていた頃は、
慢性的に収入に比べて支出が多い時期でした。

 

そのため、一括払いでキャッシングをすると、
翌月の返済がとにかく大変でした。

 

しかし、セゾンカードを作ってリボ払いで返せるようになると、
毎月の返済金額が一定になったのでそれほど苦労しなくて済むようになったのです。

 

セゾンカードのキャッシングでなんとかしのいでいるうちに収入が増えたり、
あるいは支出の見直しを図ったりして赤字の家計が黒字へと変わっていったので、本当に助かりました。

 

頻繁にキャッシングをしたせいかどんどん限度額が上がっていったので、
今はセゾンカードだけあれば十分になっていて、最初に持ったカードは解約しました。

 

 

一方、リボ払いでキャッシングをすることの短所ですが、やはり返済しても元金があまり減らないことだと思います。
リボ払いというのは消費者金融で行える利息だけの返済に近いシステムというのは知っていましたが、
実際に使ってみると返済しても少しずつしか元金が減っていかないので、
借金がまだこれだけあるというプレッシャーからなかなか解放されなかったです。

 

また、リボの支払いが毎月の定期支出になってしまうので、
その分、自由に使えるお金が少なくなってしまったのもちょっと大変でした。

 

今もたまにリボ払いでキャッシングをすることがありますが、
セゾンカードは毎月の返済額を増額できるので
収入に余裕がある月になったら一気に完済するようにしています。

 

返せるお金はあるのに、なんか手元からお金がなくなるのはもったいない気がして、
だらだらとリボ払いを続けていくというのはよくないですね。