クレジットカードの現金化とキャッシングについての注意点やリスク

クレジットカードの多くには、キャッシング枠とショッピング枠の2つがあります。
クレジットカードの現金化は、このキャッシング枠を利用して現金を入手する方法です。

 

まず、1つ目の方法は、ショッピング枠を利用して、ブランド品など換金率の高い物を買い、
それを業者などに売る事で現金化をする方法で、比較的簡単に現金化ができます。

 

次に現金化をしている業者から品物を購入し、
現金をキャッシュバックしてもらう方法の2つです。

 

この現金化は違法と言われる事が多いですが、
明確な法律違反とはなっていません。

 

しかし、あくまでも法律違反ではないというだけで、
グレーに近い方法なので、現金化をする際には注意をしましょう。

 

個人的にはこの現金化はあまりおすすめしません。
理由としては、上記の方法でショッピング枠で買い物をして業者などに売却した場合、
必ず購入した金額よりも安くなるからです。つまり、結果的に損をします。

 

急な出費などでお金が必要になった際は現金化をせず、
素直にキャッシングを利用しましょう。

 

 

 

現金化のリスクはキャッシングで現金を借りるよりも、多くの借入れをしてしまう事です。
理由としては、利子は通常年15~18%となっています。

 

これは、年単位で計算され、それを月々の返済日に利子として支払っていきます。
つまり、返済する期間が長いほど利息を払う回数が多くなるため、
完済までの金額が増える計算になります。

 

逆に早く返済できれば安くなるのが特徴です。

 

しかし、現金化は買い物をしてその商品を売却した差額分を現金化するため、
キャシングで現金を借りるよりも多くの金額を返済しなければいけません。

 

私は以前クレジットカードの現金化をして多大な借金を作ってしまった事があります。
現金化のメリットはすぐに現金が手に入る事ですが、
現金化を続けていると気づけば多大な返済金額を支払う事になるため、注意しましょう。

 

 

クレジットカードの現金化は商品を購入し、
それを売却し、差額が生じた分現金化する方法です。

 

例えば、10万円のブランド物のバッグを購入し、
それを業者に6万で売れたとしたら、4万分の差額が生じます。

 

数字だけみると4万円だけ借りた事になりますが、
実際には10万円のキャッシング枠を利用しているため、
当然10万円分の利子を支払う必要があります。

 

これを勘違いしてしまうと借金地獄となるため、注意しましょう。

 

私は以前この方法を利用し、
気づけば膨大な借金を抱える事になり、利子だけを支払う生活が続いています。

 

このようなリスクがあるため、現金化をする際には返済計画をしっかり立ててからするか、
もしくは、キャッシングをするなどの方法をとりましょう。

 

おすすめは銀行系などのクレジットカードです。
理由はキャシングなどの利子が比較的安く設定されているからです。